高等部 茶道同好会

活動内容

裏千家のお点前を週1回、講師を招いてご指導戴いています。本校の文化祭ではお茶席を設け、多数の友人や保護者の前で亭主・半東・お運びと各役目を果たすまでに成長することができています。さらに、各回のお稽古では、作法だけでなく、手足の動きの意味や、和菓子および紐の文化、お道具についての知識など学ぶことは多く、それらの1つ1つを講師の先生が説明し、基本からご指導下さいます。文化祭では浴衣を着ることから、帯の結び方を生徒同志で研究し、各自個性ある結び方で本番に挑んでいるようです。正座から始まる静淑な動作という、現代の生活では気づかない仕草を再認識することは生徒にとって新鮮な発見となっております。

記録

〇茶道同好会の「隠れた楽しみ」とは……
茶道同好会は、毎週火曜日の放課後に活動しています。各々、ホームルームが終わると作法室に集まり、身なりを整えて活動が始まります。お点前や動きについての指導を受ける楽しみもありますが、もう一つの隠れた(?)楽しみはお茶とお菓子にあり!
毎回市内の和菓子屋さんにお願いをして、特別に学校に届けていただいています。時には千利休ゆかりの茶菓子を全国から「お取り寄せ」もして、歴史とともに味わいます。お抹茶も少し贅沢をして京都のお茶屋さんから良いものを購入し、本物の味わいを知る機会としています。
実は、とても優雅な時間を楽しんでいる茶道同好会です。

写真など

ブログ

現在記事がありません。

copyright © Shigakukan Junior & Senior High School All Rights Reserved.